企業のソーシャルメディアリスク対策を教育・コンサルティング・調査・研究で 支援する

メンバー紹介

  • HOME »
  • メンバー紹介

田淵義朗(たぶちよしろう)

プロフィール

tabuchi
ソーシャルメディアリスク研究所代表

兵庫県神戸市出身。中央大学法学部卒業。宝島社(JICC)、GAGA(初代出版部長)、コーエーでゲーミング学会の設立準備を担当。1990年ゲームの国際会議(立命館大学)を成功させる。1993年(株)ジンコーポレーション代表取締役。1997年に開発発表した作品が第2回Award優秀作品賞受賞(社団法人デジタルメディア協会)。1999年SR研究所の前身となるネット情報セキュリティ研究会を設立。ネットでの誹謗中傷や風評被害に苦しむ企業と個人を数多く救済する。現在はSNSを中心とするソーシャルメディアの活用とリスク、情報セキュリティ、個人情報保護に関して、社員教育・調査コンサルティング、ネットニュースサイトの運営などを行っている。NHKアサイチ、フジTVスーパーニュース、文化放送等でコメントや出演、新聞や雑誌でのコメント多数。講演は、経済団体、自治体、大学、企業、病院など過去15年間で500回を超える。日経BPネット、プレジデントOnlineなど、ネットメディアからの発信も多数行っている。

メッセージ

「情報リテラシー教育を徹底する」。今起きている数々のネット問題を解決する道は、これ以外ありません。当研究所を立ち上げたのもITコンプライアンス教育が目的でした。現在では企業、団体様向けの多様な研修カリキュラムの開発とサポートを行っております。「情報漏えいとセキュリティ」「個人情報保護」「SNSとリスクマネジメント」を主なテーマとして、ガイドラインの策定と、社内の情報管理者の育成にも力を注いで参ります。
また、ネットの被害を受けた企業や人を対象に、ネットトラブルの相談にも気軽に応じていきたいと思います。

主な著書

『ソーシャルメディアのリスク』ビデオ(PHP研究所)監修
『スマートフォン術 情報漏えいから身を守れ』(朝日新書)
『間違いだらけの個人情報保護法対策』(ナツメ社)
『ネット〈攻撃・クレーム・中傷〉の傾向と即決対策』(明日香出版社)
『学校における個人情報保護』(NPO経理研究会)
『秘密保持契約がよくわかる本』(秀和システム)
『45分でわかる個人情報保護』(日経BP)
『インターネット時代の就業規則』(明日香出版社)

外部講師(一部抜粋)

・個人情報保護士対策講座・特別講師(財団法人個人情報保護士会)
・情報セキュリティ管理士対策講座・特別講師(財団法人全日本情報学習振興協会)

ネットメディア(一部)

プレジデントオンライン
http://president.jp/search/author/%E7%94%B0%E6%B7%B5%20%E7%BE%A9%E6%9C%97
日経BPネット
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/c/

清水陽平(しみずようへい)【SR研・パートナー】

プロフィール

shimizu
法律事務所アルシエン 共同代表 弁護士(東京弁護士会所属)

岩手県一関市出身。早稲田大学法学部卒。2007年弁護士登録(旧60期)。2010月法律事務所アルシエンを開設。ネット中傷・炎上対策のインターネット上での問題について数多く取り扱っており,2014年1月にTwitterに対する開示請求、2014年8月にFacebookに対する開示請求について、それぞれ日本第1号事案を担当している。
TBS系「NEWS23」,TOKYO FM「TIMELINE」, TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」,J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」などの番組でネット問題に関するコメントが多数あるほか,新聞・雑誌等でコメントが掲載されることも多い。
弁護士ドットコム,シェアしたくなる法律相談所などのネットメディアからの情報発信も多数行っている。

メッセージ

安易に人を傷つけたり会社の評判を落とすような書込みをする人が非常に多くなっており,スマートフォンという情報発信ツールが存在するようになってからその傾向が顕著です。しかも,これは若年層に限ったものではありません。ネットリテラシーの向上が必要だと思いますので,その一助になればと考えています。

主な著書

『ホームページ担当者が知らないと困るネットショップ 法務と手続きの常識(共著) 』(ソシム)
『ネット中傷・炎上への法的対応』(リスクマネジメントTODAY No.78)
『ネット誹謗中傷されたときに会社がやるべき緊急対策』(仕事とパソコン)
『社員のSNS利用で会社が被害を被らないための対策集』(経理WOMAN No.241)
『弁護士 独立のすすめ(共著)』(第一法規)
『ガイドブック民事保全の実務(編著)』(創耕舎)
『リベンジポルノの削除と処罰――法規制の現状と新法の方向性』(シノドス)
『「忘れられる権利」のいま』(シノドス)
『“今どき”の従業員教育を考える”「SNSに関する従業員教育」』(第一法規)

ネットメディア(一部)

シェアしたくなる法律相談所
http://lmedia.jp/author/shimizu/

常見陽平(つねみようへい)【SR研・客員研究員】

プロフィール

tsunemi_tori
千葉商科大学国際教養学部専任講師
人材コンサルタント

北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。雇用・労働、キャリア、若者論、メディア論などをテーマに執筆、講演等幅広く手がける。読売新聞「内定ロード」東洋経済オンライン「若き老害常見陽平が行く サラリーマンいまさら解体新書」NEWSポストセブン「常見陽平の就活の狼」講談社現代Bizニコ生「饒舌大陸」など連載多数。

メッセージ

大学教員として若者と接していて感じるのは、ネットの使い方は上手くなっても、ネットリテラシーが低いことです。就職活動の際にSNSの書き込みが問題になるだけでなく、就職してからネット炎上を起こして会社に迷惑をかける事態が増えていることです。私はネットニュース黎明期より、ネットニュースライターとして数々の情報発信を行い、また企業の採用活動のお手伝いをする人材コンサルタントとして活動してきました。今後は「ソーシャルメディアの可能性とリスク」の調査・研究を、大学・公共機関・企業と共に一緒になって進めて参りたいと思います。

ソーシャルメディアリスク研究所での研究テーマ

・大学生とソーシャルメディアリスク
・ネットニュースとソーシャルメディアリスク
・ソーシャルメディアにおける「意識高い系」の言動考察
・就職活動、採用活動とソーシャルメディア
・企業広報とソーシャルメディア

主な著書

『「就活」と日本社会』(NHK出版)
『僕たちはガンダムのジムである』(ヴィレッジブックス)
『「意識高い系」という病』(ベストセラーズ)
『普通に働け』(イースト・プレス)
『「できる人」という幻想』(NHK出版)
『最新版 就活難民にならないための大学生活30のルール』(主婦の友社)
『自由な働き方をつくる』(日本実業出版社)

ネットメディア(一部)

東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/category/tsunemiyohei
陽平ドットコム
http://www.yo-hey.com

お気軽にお問い合わせ下さいませ。 TEL 03-3434-1130 受付時間10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 2014 ソーシャルメディアリスク研究所 All rights reserved.